Maranic and Slow Life

アクセスカウンタ

zoom RSS カーフマンジャパン 南関東ステージ

<<   作成日時 : 2008/02/11 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日10日の日曜日、ランとバイクの複合競技、デュアスロンのカーフマンジャパンの南関東ステージ(昭和記念公園)に参加してきた。

土曜日未明から降り出したあいにくの雪でかなり開催が危ぶまれた、いや、ほとんど諦めていたのが正直なところ。降雪は自転車競技には致命的だからだ。

当日は予報通りピタッと雪は止み天気は良さそう。主催者は除雪車も入れて開催に信念を燃やしているらしい、との情報からとりあえず現地には行ってみることに。

当初の予定では自走して昭和記念公園に行くことにしていたが、あっさり諦め輪行に切り替え予定時刻に現地入り。

画像


園内は笑ってしまうぐらいの雪景色。

画像


いくら除雪車が入っているとはいえ本当にこんな状態でレースできんの?と疑心暗鬼ながらも多少スタート時刻は遅れるらしいが何とか開催はするとのこと。

まあ、せっかく来たんだから中止になるより、開催してもらったほうがいいに決まっている。
結局20分ほどの遅れが出たがレース開始。

今年で4回目の出場になるが、年々参加人数もスポンサーも増えている気がする。特に学生さん(大学のトライアスロン部?)が多く目に付く。

第1ランが終了してバイクのトランジッション・エリアに立ち入ると足元が溶けた雪で水溜りだらけ、ぐじょぐじょだ。バイクを押してバイクコースに向かっている最中にとなりの人から「足元、ひどいねえ。」と声がかかる。全くだ。

シューズカバーもかなり水を吸ってしまい、バイクの周回を重ねる都度に足先がかじかんでいく。あた着込んでいたつもりの上半身も結構冷えてくるし、最近全く乗り込んでいないためふくらはぎもつりそうだ。

そこうしていると先頭集団に追い抜かされる。えっ集団? そう10人ぐらいが集団になっているのだ。ドラフティング禁止(風除けとして走行中の人のすぐ後ろにつく行為は禁止)のはずだからルールを守っていれば集団になるわけがない。

一緒だったK君の話ではその集団に対して、彼のそばを走っていた人からは「ルールを守れ!」と怒声が発せられたようだ。その気持ちよくわかる。

バイクパートが終わって第2ラン。へろへろ状態でゴールイン。
過去3回は順調にタイムを短縮してきたが、今回はそうは行かなかったようだ。ランにしてもバイクにしてもとにかく練習不足の一言。モチベーションを維持するのは本当に難しい。

何はともあれこの状態の中で開催にこぎつけた主催者の努力には敬意を表したい。また一緒に参加したS君、K君お疲れ様でした。こうして仲間とレースに参加できるのは楽しいもんだ。またご一緒しましょう。

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーフマンジャパン 南関東ステージ Maranic and Slow Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる