Maranic and Slow Life

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週末の「練習」2 - はだの丹沢水無川マラソン大会

<<   作成日時 : 2006/12/04 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像


練習のつもりで3日の日曜日には「はだの丹沢水無川マラソン大会」のハーフの部に参加してきた。仲間内は誰も都合がつかず一人での参戦となってしまったため、本当に「練習」と割り切っての参加だった。

そのため走ることに必要ない無駄を徹底的に排除した。まずは装備。上はロングTに下はロングのスパッツ。電車乗車時は上下ともウインドブレーカーを着用。荷物はLSD用の最小のバックパックに着替えのTシャツ1枚と小タオル、財布、携帯のみを突っ込む。

そして「時間の余裕」という無駄を削減。「練習」なんだから意味もなく早めに現地入りする必要はなし。エントリー受付は8時30分まで、ハーフスタートは9時となっていたが、普通はスタート直前までは受付はしているはず、と高をくくる。渋沢駅から会場までは徒歩20分、つまり2Kmほど。無料シャトルバスもあるようだが運行は8時20分までらしい。だったら渋沢から会場までアップも兼ねて走ればOK。歩きの倍として所要時間10分ほど。逆算していくと渋沢駅着8時36分の電車で何とかなりそうだ。ほんとキリギリだなあ。

と以上計画通りのスケジュールで現地入りを果たす。後は受付済ませてゼッケンつけてウインドブレーカをバックパックに突っ込んで、荷物預かりなど目もくれず、そのままバックを背負っていざスタート・・・のはずだったが、参加賞のことをすっかり忘れていた。エントリー時に参加賞のTシャツ他、スポンサーの不二家のお菓子セットなど結構かさばる荷物をゼッケンとともに渡される。こんなもの抱えては走れないので仕方なく預けることに。ただ財布などの貴重品はどうにもならないので、そのままLSDバックは背負って走ることにした。

結局トイレだ、なんだかんだでスタート地点にたどり着いたのは9時10分ぐらい。勿論、他ランナーはもうスタートした後なので誰もいない。一人とぼとぼと出発。別に順位を競っているわけではないし「練習」だから全く気にしない。それどころか誰も回りにいないから走りやすいことこの上ない。こんなスタートも初めてだ。しかも沿道の観衆からはがんばれー、という暖かい声援を一身に受ける。気持ちいい。

あんまりのんびり走っていると足切りにも引っかかりかねないので、集団に追いつきたい一心で快調に飛ばしたところ、なんと最初の1Kmのラップが4分30秒。ちょっとオーバーペース気味
だが、まあいいっか、ということでそのまま走り続ける。

画像


川の名前のついた大会なので、それほどアップダウンはないだろう、と勝手に想像していたが大きな間違いだった。途中からは川を離れ尾根沿いの道を進むため予想以上のアップダウン結構ばてばて。緩やかだが長い最後の上りをえっちら走り、登りきったあたりで見えてくる戸川公園のつり橋はちょっと感動的。橋を渡ったところは大倉で、先々月に登った塔ノ岳の終点だったところ。周りの山々もすばらしく色づいており、登山にもまた来たくなってしまった。

画像


アップダウンではペースは落ちたものの、そこそこのペースを維持でき、最後尾からかなりの人数(200人ぐらい)も追い抜き気分よくゴールイン。手元時計でネットタイム1時間41分。普段の一人練習ではこんなペースで20Kmなんて絶対に走れないから、本当にいい練習になった。

画像


次のレースは来月のフロストバイト。ど平地のコースなので、そこでは1時間30分台を狙っていきたい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
レースお疲れさまでした!
やはり?ご近所の大会にエントリーしてたのですね。とても良い練習レースになったようですね。
参加賞の不二家のお菓子が気になります。
私もいつかお菓子目当てに参加したいです!
keiko
2006/12/06 14:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
今週末の「練習」2 - はだの丹沢水無川マラソン大会 Maranic and Slow Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる