Maranic and Slow Life

アクセスカウンタ

zoom RSS 「東京マラソン事務局からのお知らせ」

<<   作成日時 : 2006/10/24 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

なるメールを受け取った。支払いも済ませたはずだし、何かな?と思ったが内容から判断すると当落問わず東京マラソンの申込者に送付されている単なるお知らせメールのようだ。内容は二つ。

ひとつはボランティア募集について。これだけのマンモス大会の運営はボランティアの協力なしには成り立たないし、こういった形でマラソンの申込者にボランティアを求めることは不自然ではないだろう。(勿論対象は落選者ということになろうが)

気になったのはもうひとつの方。第41回青梅マラソン大会出場者募集。東京マラソンが2月18日開催となったことで一番割りを食ったのが例年同時期に開催していた青梅マラソン。今回はそのため2週間早い2月4日開催となったが、聞くところによるとやはり東京マラソンにかなり食われてしまい、定員1万5千人の半分ほどしか募集がなくやむなく募集期間を延長したとのこと。

東京マラソンと青梅マラソンの主催者の関係がどうなっているかは知らないが、そういった青梅の事情に配慮して、東京マラソンの主催者がわざわざメールで出場募集者を募った、といったところか。

自分は過去2年青梅に出場していたので未練はあるが、今回は見送ることになりそう。東京に注力したい、といのもあるが青梅と東京のはざま、2月12日には絶対はずせないデュアスロン(カーフマンジャパン)が控えているから。ただでさえカーフマンと東京の2週連ちゃんとなるので致し方ないところ。

LSD代わりに青梅出場する東京マラソン当選のお仲間には申し訳ないが、応援には行こうと思うので許してね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東京マラソン救急医療体制に学生ボランティアが参加
今年から東京マラソンが開催されますね。 東京都庁をスタートして東京ビックサイトまでの42.195195kmのコースらしいですね。 近年マラソン中の突然死が問題となっていて、各種マラソン大会において救急医療体制がとられるようになってきています... ...続きを見る
東京消防庁を目指す!!消防官への道
2007/01/19 09:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「東京マラソン事務局からのお知らせ」 Maranic and Slow Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる